うつはチェックすることで調べることが可能!

  1. ホーム
  2. 原因を徹底究明する

原因を徹底究明する

ハート

うつ病の原因は一概にストレスだけと決めつけることができません。特に幼少期に身体的、精神的に虐待を受けていた方はうつ病にかかりやすといわれています。他にも、大切に思っていた家族やペットの死、仕事でリストラに遭い無職になってしまった場合など理由は様々です。これらは、ピンとくることがあるかもしれませんが、これ以外にも結婚や妊娠、出産など一見嬉しいことのように思える場合でもうつになってしまう可能性が否定できないので、パートナーは行動や言動をチェックして、様子をみておくといいでしょう。そして、パートナーがいつもと様子がおかしいのなら、相談に乗ってみるといいかもしれません。それでも解決できないような場合は、心療内科や精神科に連れて行くといいでしょう。

パートナーや家族の様子をチェックしていて、何かがおかしいと思ったのなら相談に乗るといいかもしれません。しかし、その時に言ってはいけない文言が幾つかあるので、覚えておくといいでしょう。例えば、「頑張れ」という言葉はうつ患者にとってとても苦痛に感じてしまうのです。何故なら、頑張っても頑張ってもどうしようもならなくてうつになってしまっている訳なので、この言葉は返って当人を追い詰めてしまうことになってしまうのです。ですので、プレッシャーになってしまっていないかチェックしながら話しかけるといいでしょう。それができないのならば、あえて話しかける必要はないといえます。

うつ病患者は自分のことを責めてしまっていることが多いので、あまり決めつけるような言動は好ましくありません。しかし、寄り添うような言葉をかけてあげることによって、自分を許すことができ、パートナーや家族、医師にも心を開いてくれるようになるのです。例えば、「同調」するように相槌を打つことで、安心感を与えることができるでしょう。そして、あなたが必要だということを伝えてあげることによって、快方に向かうことができるのです。コミュニケーションを取りたいなら、このようなことをチェックしておくといいでしょう。

精神患者の看病をしていると自身がうつになってしまうということも十分にあり得ます。それでは木乃伊取りが木乃伊になってしまうので、一人にさせておくということも大切なことなのです。そして、暴力や威圧的な言動など危害を加えられそうな場合は、早急に精神科に入院させるように手続きをするといいでしょう。心だけでなく家族がバラバラになってしまう前に対処するべきです。しかし、本人がその気がないのに無理やり連れて行くと関係に亀裂が生じてしまうので、あくまで説得してから病院に入院させるのがベストです。それでも拒絶されるのであれば、専門家に相談をしてみるといいでしょう。彼らはその道のプロなので、安心して任せることができます。